ご質問、相談はお気軽にお問い合わせください。24時間以内に返信します。

小田原駅から徒歩6分。小田原市栄町のよしかい鍼灸院です。不妊治療の実績多数。美容鍼、耳つぼダイエットも好評です。肩こり、腰痛、背中の痛み、頭痛、自律神経などのお悩みに、鍼灸を試してみませんか?ぜひ経験豊富なよしかい鍼灸院にお任せください。

妊活がうまくいかないあなたへ。もしかしたら原因はこれかも!

 
妊活がうまくいかないあなたへ。もしかしたら原因はこれかも!
この記事を書いている人 - WRITER -
よしかい じゅん
皆さん、はじめまして!よしかい鍼灸院の吉開潤(よしかいじゅん)と申します。
詳しいプロフィールはこちら

妊活を始めたらすぐにできると思っていたのになかなか結果が出ない。

人工授精や体外受精をしてもなかなか思うようにいかない。

ストレスが溜まって旦那とも喧嘩してしまう。

妊活にいい生活をしたいのに仕事が忙しくてなかなか取り組めない。

こんな悩みって多いですよね。

そこで今回は妊活がうまくいかないあなたへ検査では発見できない隠れた原因とその解決策についてお伝えします。

こちらの動画をご覧ください↓↓↓

音声が出せない環境の方は以下の文章をご覧ください。

うまくいかないのはあなたのせいではない

なかなか結果がでなくてモヤモヤしますよね。

妊活がうまくいかない人の中には自分で気づいていない原因が隠れている人もいます。

当店のクライアントさんにも非常に多いのですが自律神経のバランスが乱れていて妊活が思うように進んでいないパターンがあります。

具体的な対策を述べる前にまずは自律神経と妊活がどのように関わっているか簡単に説明します。

うまくいかないのは自律神経のバランスが原因

自律神経とは自分でコントロールすることのできない体の微調整をする働きだと思ってください。

例えば食事をした時に自分の意識で胃を動かしたりはしませんよね。

暑い時に自分の意思で汗をかいたりしませんよね。

体が必要とする様々な条件下での働きを無意識下で行うのが自律神経です。

体になくてはならないこの働きには 2種類あります。

交感神経と副交感神経。

あなたも聞いたことがあると思います。

現代人は交感神経の方が優位になってしまっているケースが多いです。

そして、あなたもこのタイプかもしれません。

なぜ交感神経が優位だと妊活に差しさわりがあるのか?

このことについて深堀しましょう。

交感神経優位は妊活に良くない

そもそも交感神経とはどんな時に働く神経なのか?

例えば運動をする時とか勉強をする時、仕事中なんかも交感神経が優位になります。

何かをしなきゃいけない時に活躍するのが交感神経です。

昔でいえば狩猟をする時とか、外的に襲われないように警戒している時なんかに働くのが交感神経です。

つまりとっさに動けるように体を緊張させているような状態です。

もしも外敵に襲われる時に筋肉がふにゃふにゃに緩んでいたらすぐに逃げられませんよね?

なのである程度筋肉も硬直していて、アドレナリンも出ています。

血管の収縮している状態です。

ではなぜ妊活に良くないのか?

生理学的な難しい説明は割愛しますが、ちょっとイメージしてください。

ゆったりリラックスしていて筋肉も緩んでいる、血管も拡張していて血流も良い。

そのような状態と、いつ何があるかと警戒して筋肉をこわばらせ、血管も収縮している。

どちらの状態が妊娠しやすそうですか?

明らかにリラックスしている状態、つまり副交感神経が優位な状態ですよね。

副交感神経優位になればうまくいく

本来であれば仕事が終われば交感神経優位の状態は治ってきます。

しかし現代人は緊張を強いられる場面や時間が長いため交感神経が優位な状態が長く続きすぎてしまうのです。

結果的にリラックスする神経への移行がうまくなくなってしまっている人が大勢います。

またストレスを多く感じている状態も交感神経が優位な状態なのですが、ストレス自体も妊活によくありません。

理由を簡単に説明します。

脳みそはストレスを優先させる

脳みそから女性ホルモンを出して下さいと卵巣に命令が送られます。

同じく脳みそからストレスを緩和するホルモンを出してくださいという命令も発令されます。

ここで問題なのか脳は女性ホルモンの分泌よりもストレスを緩和するホルモンを分泌する方を優先させてしまいます。

脳はストレスを寛解する方が生きていくために重要性が高いと認識しています。

ストレスがあるのに今子孫を残している状況ではない!

そんな風に判断してしまうのです。

脳をリセットするために

なので脳の認識をリセットする事が大事になってきます。

ストレスの認識を軽減させることと副交感神経へのスイッチをオンにすることが解決策となるわけです。

それでは具体的な方法をご紹介します。

妊活の鍵、副交感神経を優位にする方法を紹介

今日からできる対策を紹介します。

それは・・・

マインドフルネスです。

これを瞑想と呼んでも呼吸法と呼んでも結構です。

1日5分やるだけで副交感神経のスイッチが入れやすくなりますのでぜひ実践してください。

方法を文字で記載しますがもし可能ならこちらの動画をご覧ください。

動画の方がやり方が分かりやすいと思いますので!

マインドフルネスの具体的なやり方

まずは座ります。

これは正座でも椅子でも座禅でも大丈夫です。

お好みで座ってください。

ポイントは頭からお尻の穴まで一本棒で刺さっているイメージ。

つまり頭と背骨をまっすぐにして座ってください。

次に軽く目を閉じ、できれば部屋の照明も真っ暗か薄明るいかぐらいにしてください。

そして鼻から呼吸します。

無理に呼吸はコントロールせずただただ自然な呼吸をします。

そうすると鼻の穴の中や鼻と口の間のスペースに「生暖かい風」がかすかに当たるのを感じると思います。

このことだけに意識を集中してください。

鼻と口の間のスペースだけにすべての感覚を持ってきます。

すると30秒と持たずに、昨日の失敗や明日の予定様々なことに意識が移ります。

この現象自体は自然なことですので大丈夫です。

ただ、鼻と口の間のスペース以外のところに意識が移っていることを認識したのであれば、すぐにまた鼻と口の間のスペースに意識を戻してください。

ただこれだけです。

これだけで副交感神経のスイッチが入りやすくなります。

やるタイミングは夜寝る前でもいいし、仕事の合間で頭がオーバーヒートしたならば少しトイレに行って便座に座りながらやってもいいし、デスクで手を止めて5分間行ってもいいです。

たった5分やるだけでイライラが収まり、ストレスも軽減して副交感神経のスイッチが入る。

結果的に妊活に有効ならやらない手はないですよね。

是非日々の妊活に取り入れてみてください。

あなたのもとに1日も早く赤ちゃんが訪れますように。

では。 

この記事を書いている人 - WRITER -
よしかい じゅん
皆さん、はじめまして!よしかい鍼灸院の吉開潤(よしかいじゅん)と申します。
詳しいプロフィールはこちら