ご質問、相談はお気軽にお問い合わせください。24時間以内に返信します。

【公式サイト】よしかい鍼灸院 | 神奈川県小田原市の鍼灸院

鍼灸の針は使い捨て?鍼灸が気になるけど衛生面や感染が心配です

 
鍼灸の針は使い捨て?
この記事を書いている人 - WRITER -
よしかい じゅん
皆さん、はじめまして!よしかい鍼灸院の吉開潤(よしかいじゅん)と申します。
詳しいプロフィールはこちら

鍼灸の針は使い捨て?衛生面や感染は大丈夫なのかなぁ?

花子さん

ほとんどの鍼灸院で使い捨ての針を使ってるよ。基準(JIS)をクリアした針だから大丈夫!今回は鍼灸で使う針について紹介するね。

ジュン

なおこの記事を書いている私は現役の鍼灸師です。国家資格を持ったプロの鍼灸師に技術を伝える学会で、理事と講師を務めています。また大手企業でのセミナー実績もあり、自分で言うのもなんですが割と記事の信憑性は担保されていると思います。詳しくはプロフィールをご覧ください。

鍼灸の針は使い捨てなの?

鍼灸の針は使い捨てなの

結論、ほとんどの鍼灸院は使い捨ての針を使っています。

具体的にはエチレンオキサイドガス処理で完全滅菌された針を毎回包装から出して使用する感じです。

なので心配でしたら直接、鍼灸師に「使い捨て針を使っているのか?」聞いてみましょう。

あるいは毎回、包装を「ビリツ」と破り、滅菌された針を用意しているのか確認しましょう。

使い捨て針のクオリティー

使い捨て針のクオリティー

使い捨て針の安全性について少し説明します。

平成17年の改正薬事法の施行に伴い、使い捨て針のクオリティーはどのメーカーを選んでも一定の水準を担保するようになりました。

理由はこの年に厚生労働省から委託された第三者機関が性能規格を制定したからです。

具体的には、日本工業規格(JIS)として制定。

その際は滅菌済み注射針の日本工業規格(JIS)を参考に作成されました。

メーカーや製品による針のばらつきが無くなり、鍼灸師としては使い勝手がよくなりました。

少し深堀すると以下の点でばらつきが無くなりました。

素材

性能

包装

清掃度

なので安心して使い捨て針を使用しています。

使い捨てではない鍼灸の針とは

使い捨てではない鍼灸の針とは

次に使い捨て針じゃないものについても言及します。

未だに使っているところもあると思います。

現役の鍼灸師としてはそのメリットもわかります。

①毎回、包装から滅菌済みの針を出すのは結構手間だから。

②使い捨て針の方がコストが安いから。

③気の変化を捉えやすいから。

こんなところでしょうか?

特に気の変化を捉えやすいのがメリットですね。

なぜ気の変化を捉えやすいのか

なぜ気の変化を捉えやすいのか

昔ながらの針(使い捨てではない針)には潤滑剤が塗られていません。

一方、使い捨ての針は表面をシリコンなどでコーティングしてあるので「ヌルッ」と針が進んでしまいます。

スムーズに体に入りすぎるのです。

コリやツボを意図せず通過してしまい気の変化を感じずらい場合もあり。

なのでツボを捉えやすいのは明らかに昔ながらの針です。

ちょっと鍼灸師目線になりましたが・・・

使い捨てではない針の場合、クライアントさんとして一番気になるのは衛生面や感染症ですよね。

これはオートクレーブという高圧滅菌機で滅菌することで解消されます。

なので衛生面等で過度に心配する必要は無いかと思います。

実際20年前まではオートクレーブで消毒した針を使いまわしていたのですから。

WHO(世界保健機構)の「鍼治療の基礎教育と安全性に関するガイドライン」(Guidelines on Basic Training and Safety in Acupuncture)の【鍼および器具の滅菌と管理】に記載がある方法を厳守している鍼灸師がほとんどです。

とは言え技術が発展し使い捨て針という選択肢がある現代。

あなたの納得できる方をチョイスすれば良いと思います。

オートクレーブで滅菌してあっても使いまわしは嫌だなぁ。

その様に感じる人もいるでしょう。

安全性に問題がないならどちらでも構わない!

その様に感じる人もいるでしょう。

例えるなら、他人が剥いたリンゴは食べたくないという人もいるわけで。

感じ方の問題です!

まとめ

鍼灸の針は使い捨てか否かについてまとめ

鍼灸の針は使い捨てか否かについてまとめ。

・使い捨て針の普及率は高い

・使い捨てじゃない針も大丈夫だから過度な心配は不要

但しWHO(世界保健機構)の「鍼治療の基礎教育と安全性に関するガイドライン」(Guidelines on Basic Training and Safety in Acupuncture)の【鍼および器具の滅菌と管理】に記載がある方法を厳守している事が前提です。

よしかい鍼灸院の場合

鍼灸施術の様子

最後にうちの場合についても言及します。

うちは刺す針はすべて使い捨て針を使用しています。

皮膚表面をなでたり、さする針はオートクレーブで滅菌しています。

こんな感じの針たちですね↓↓

刺さない針

理由は2つ

これらの昔ながらの針は使い捨てがないから

刺さない針なので感染症のリスクが極めて低いため

なのでオートクレーブで滅菌すれば大丈夫です。

写真の様な刺さない針は鍼灸が怖い人にもおすすめです。

針の衛生面と併せて、鍼灸が怖い人はこちらの記事も参考にしてください。

何か質問があればお気軽にどうぞ。

この記事が参考になったらSNSでシェアしていただけると励みになります。

この記事を書いている人 - WRITER -
よしかい じゅん
皆さん、はじめまして!よしかい鍼灸院の吉開潤(よしかいじゅん)と申します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です